ホーム  >   結婚式1.5次会Q&A >    1.5次会の予算や会費の相場は?

1.5次会の予算や会費の相場は?

予算や会費の相場は?

結婚式1.5次会には招待する方、料理のグレード、パーティ形式などの
違いによって様々なスタイルが存在します。
当然、スタイルによって費用も変わってきますので、
ここでは、いくつかのスタイル別で会費例をご紹介致します。


◆親族のみをご招待!「お食事会的」1.5次会

場所:料亭、ホテル内レストランなど。貸し切りではなく、個室などで両家の親族が集まって食事会を行います。

必要な物:特になし

収支例:料金/20名参加、会場飲食費一人10,000円の場合

会場飲食費総額 10,000円×20名=200,000円

参加会費を10,000円に設定すると、10,000円(参加会費)×20名=200,000円(会費総額)

200,000円(会費総額)-200,000円(会場飲食費)=0円

つまり、おふたりの自己負担はありません。






◆披露宴のように行いたい!「フォーマルな」1.5次会

場所:レストラン、パーティスペース、ホテルなど。親族や友人を招待して、披露宴に近い雰囲気で行うパーティです。着席コーススタイルが多く、会場飲食費は8,000~10,000円が平均です。

必要な物:衣装(ドレス・タキシード)、装花、ブーケ、ヘアメイク、ケーキ、テーブルクロス、引き出物など

収支例:料金/50名参加、会場飲食費一人10,000円の場合

会場飲食費総額 10,000円×50名=500,000円

参加会費を15,000円に設定すると、15,000円(参加会費)×50名=750,000円(会費総額)

750,000円(会費総額)-500,000円(会場飲食費)=250,000円

おふたりはこの余った250,000円で「必要な物」を用意します。その際に足りない分が自己負担となります。






◆友人を集めてカジュアルに行いたい!「2次会よりな」1.5次会

場所:レストラン、ダイニングバーなど。親しい友人の方々を招待して行う2次会寄りなカジュアルなパーティです。半立食・立食ビュッフェスタイルで行うことが多く、パーティ中にゲームや余興を行うことが多いです。会場飲食費は4,000~6,000円が平均です。

必要な物:衣装(ドレス・タキシード)、装花(メインテーブル)、ブーケ、ヘアメイク、ケーキ、プチギフト、景品など

収支例:料金/80名参加、会場飲食費一人5,000円の場合

会場飲食費総額 5,000円×80名=400,000円

参加会費10,000円とすると、10,000円(参加会費)×80名=800,000円(会費総額)

800,000円(会費総額)-400,000円(会場飲食費)=400,000円

おふたりはこの余った400,000円で「必要な物」を用意します。その際に足りない分が自己負担となります。






以上は、あくまで一例です。

つまり、上手くやりくりすれば新郎新婦様の持ち出しが0円で1.5次会ができてしまうのです。